HOME > 執筆スタッフの言葉

執筆スタッフの言葉

Home執筆スタッフの言葉2>>


お客様と社会の双方にとって有効なコミュニケーション媒体となる記事


記事作成で心がけていること


41歳女性

私が記事作成にあたって心がけていることは、「パブリックリレーションズの考え方に沿うものを」ということです。

パブリックリレーションズ(PR)というのは、20世紀初頭からアメリカで発展したもの。

米国でPRのバイブルとも呼ばれる書籍には、その意味が「組織体とその存続を左右するパブリックとの間に、相互に利益をもたらす関係性を構築し、維持するマネジメント機能」と定義されています。


つまりPRとは、組織(企業など)と、社会との、コミュニケーションの媒体となるということではないでしょうか。

ネット上にSEOのための記事を作成するということは、まさにこのPR活動に他ならないと思います。ですから、お客様と社会の双方にとって有効なコミュニケーション媒体となる記事とはどういうものか、ということを念頭に置いて、記事を書くようにしています。


お客様が社会に対して伝えたいメッセージとは何か、いま世間からはどのような情報が求められているのか。大量の情報が氾濫するネット社会において、少しでも効果を生む記事を書くことができるよう、工夫を続けていこうと思っています。


当社のサービスについて

当社のシステムでは、複数のライターが同時に、同じテーマの記事を書くことも少なくありません。ですから、同一テーマであっても、同じ記事は二つとありません。

このようにさまざまな視点から記事を書くことによって、当社サイトはパースペクティブな世界観の広がる、魅力的なサイトになっていると思います。


また他のライターの書く記事を目にすることで、刺激を受け、勉強にもなります。

日々の仕事の中で、ライター同士が互いに刺激や影響を与えあいながら切磋琢磨していることが、当社の強みなのではないかと思います。


一番嬉しいのは、お客様から「頼んで良かった」と言って貰えた時


記事作成で心がけていること


29歳女性

記事作成の作業は大変だなと感じる事も多いです。

お客様から指定されたテキスト(キーワード)が自分にとって普段から馴染みのないものだった場合等は、まずそのテキストに関する情報を集めなければなりません。


お客様が実際に使用する文章なのでいい加減な事は書けませんし、誤った情報を記載する訳にはいきません。

なので、情報収集にはかなりの時間を費やします。

しかし時間を費やすと言っても無制限に時間が取れるという訳ではないので、その辺りの兼ね合いが慣れるまでは非常に大変でした。


また、テキストを文章の中にバランス良く分散させつつ不自然な文章にならないように書くのも難しいと感じています。

記事作成は文章能力が非常に問われる作業だと思います。


ですが楽しいと感じる事ややりがいを感じる事も多いです。

情報収集の段階で今まで知らなかったさまざまな物事を知る事が出来ますし、文章能力の向上にもつながります。


一番嬉しいのは、お客様から「頼んで良かった」と言って貰えた時や、「順位が上がった」と言って貰えた時です。

自分の書いた文章が役に立ったと思うと素直に嬉しいですし、もっと頑張ろうと思えます。


私が記事作成をする際に心掛けている点は、読みやすさと使いやすさです。

誰が読んでもきちんと意味が通じる文章を作成する事。

お客様がどのようにその文章を使用するにしても、使いやすいという事。

以上のような事を心掛けて日々記事作成に励んでいます。


まだまだ未熟な点が多いですが、どんなジャンルの依頼がきてもお客様に納得して頂ける文章を書けるよう努力していきたいと思っています。


オリジナリティーを意識して、自分なりの言葉でまとめた文章に


記事作成で心がけていること


33歳女性

記事作成をしていて、自分にとって全く未知の内容は、一からその内容について学んで書いていかなければいけないので、時間もかかり、文章を作成するにも難しい作業となります。

それでも、書いた文章がお客様に喜んでもらえていることを耳にすると、嬉しく思いますが、それと同時に、どのあたりが気に入ってもらえたのか、全てあの文章でよかったのか、悪かった点などは無いかと心配になる部分もあります。


文章を書くときには、知識を他のサイトや書籍からとってくることもありますが、オリジナリティーを意識して、自分なりの言葉でまとめた文章にしています。

また、キーワード盛り込む文章では、なるべく自然にキーワードが文章内に盛り込まれることを意識しています。


今後、今までの経験も活かし、また更に今後様々な事を調べて知識の詰まった引き出しを増やし、それに加えて、時代の流れに敏感になり、新しく入る情報も加えた文章を書いていきたいと考えています。


その人の力になれば幸せだなと思ってます


記事作成で心がけていること


33歳女性

記事を作成しているときに気をつけていることは、できるだけ元の情報に忠実にありたいということ、そして自分が思っていることを付加できればということです。


以前に比べて、私自身はテレビを見なくなりました。

ニュース等は朝昼晩とネットで確認するようになり、テレビの前にいるよりもパソコンの前に座ることが多くなりました。

インターネットではニュースの記事等はソースを確認できるので、同じ記事でも違ったソースのものを見つけることができ、比べられるのが面白いです。また、口コミ等も、よい面悪い面の両サイドを調べられるのがネットのいいところだと思います。

分からない言葉はWikipediaで調べることができ、受け身ばかりの情報よりも自分で調べる方が性に合っているのかもしれません。


記事作成で具体的心がけていることは、できるだけお客様のサイトの事例をみて書いたり、私自身が経験し感じたことを書いています。

なので、お客様の事例が豊富なサイトだと記事を書くのがとてもスムーズです。


一方、自分の経験したことのない知識についての紹介は書くのがちょっと時間がかかります。

きちんと調べて書きたいからです。色んな情報がありますが、できるだけ信頼できる記事を書けたらと思っています。


書いていて嬉しくなることは、こんなものがあったのかと記事作成を通して新たな発見をすることです。

自分ではきっと調べない事柄にぶつかることが多々あり、色んな視点を貰っていると感じます。

逆に苦しくなるときは、実は日常生活にある人の不幸な問題について書くときです。

病気や借金、犯罪や事故、離婚など、苦しんでいる人が見えてきて、どうにか出来ないのかと悩みつつ書いています。


いろんな記事を書かせてもらっていて、誰かが自分の記事にたどり着いた時、その人の力になれば幸せだなと思ってます。


読み手に魅力を感じてもらえるものを


記事作成で心がけていること


38歳女性

400文字程度の文章作成と聞いて、最初は400文字にどの程度の情報を盛り込むことができるかピンと来ませんでした。


自分の得意なテーマであれば400文字を優に越えてしまって、逆に他の記事とのバランスが取れなくなってしまうし、不得意なテーマであるとなかなか400文字まで到達することができずに行き詰まってしまうことが多くあります。


文字数の制限が一番難しいところかもしれません。


自分の経験や見聞があるテーマはそれに基づいて肉付けするようにしています。全く未知のテーマに対してはネットで検索、その検索したものがそのものズバリにならないように参考程度に情報を得て肉付けしています。


文章作成においてはくだけた言い回しであっても、日本語として正しく通じるか、特に「れる」ではなく「られる」の表記にすることなどにこだわっています。また読み手が理解できるような文章になっているかどうかは常に気をつけています。


1000文字以上の記事には苦労することが多いです。

そのテーマが全く自分の未知のテーマだった場合は特にそうです。

ネット検索だけでは間に合わなくて、借りて本を読まざるを得ず、正直「きついな。」と思うこともありましたが、別の見方をすればこんなチャンスがない限りそのテーマについて勉強することなど一生涯なかったと思います。

今後もこういった自分の未知のテーマがある度に博識になれるチャンスだと思って取り組んでいきたいな・・・と、思いました。


毎日順調に書き進められるわけではないとは思いますが、自分自身が知恵を絞り尽きて枯渇しないように、またマンネリ化しないように、本を読み、情報を得、読み手に魅力を感じてもらえるものを書けたらいいなと思います。


できるだけ読み手を惹きつけられるものにしたい


記事作成で心がけていること


40歳男性

私が記事を書く際のモットーは、できるだけ読みたくなるような内容に仕上げるように、自分の知識を総動員することです。

まずテーマを考えるのですが、過去の経験を振り返ったり、最近聞いた情報を思い出したりして、大まかなストーリーの流れを考えます。

私の場合、過去の仕事での経験や、最近話題になっていることを盛り込むことが多いです。

昔、一人旅で国内各所を周った経験が結構活きることもあります。

ここが一番の悩みどころです。いわゆる産みの苦しみですね。

特にタイトルは、できるだけ読み手を惹きつけられるものにしたいと考えています。

タイトルが面白くないと私自身、そのブログを読みたいとは思わないので。


テーマと大まかな流れができると書き始めるのですが、ここでは自身のブログを書いているイメージで、できるだけ楽しく読んでもらえるものをと心掛けています。

書き始めると私の場合は、ほぼノンストップで書き終わります。

文章を考えるのは昔から割と好きだったので、書きながら気分が乗ってくる感じです。

書き終えた後は、一通り読みなおして校正をするようにしています。

同じ内容が重複していないかとか、句読点がなくて読みにくい箇所がないかなどです。


5年以上SNSを続けており、国語が好きだった私には合っているお仕事だと考えています。

今後は、情報が枯渇しないように普段の生活から色々と視野を広げ、他人との会話や、ニュースなどの情報を積極的に取り入れていきたいと思っています。

それらはお仕事だけでなく、自分の人生にも良いスパイスになるのでありがたいことです。


人の心に少しでも残るような文章を作成できたら、いいなと感じています


記事作成で心がけていること


35歳女性

文章作成について、常に気を付けていることは、読む方の立場に立って、興味を持ってもらえるような内容にすること、読む方が不快に感じる事の無いように言い回しに注意することです。


日々の文章作成ではテーマやキーワードは分野を問わず、幅広いので、この仕事を始めてから、常にアンテナを張って、世の中のニュースや流行り、人々がどんな事に興味を持っているのかなどを、意識して生活するようになりました。

なるべく多くの情報を仕入れておくことによって、文章を書くときにもネタ作りに活かすこともできます。


テーマによっては、あまり知識がなかったり、文章にしづらいものもあり、苦戦する事もありますが、今まで知らなかった分野や興味のなかった分野の事についても、調べながら作成することにより、少しずつですが、知識も増えていっている事は自分自身にとっても糧になっていると感じています。特に、テーマを深く掘り下げる記事作成や、大規模サイトの作成などでは、一つの事について、かなり詳しくなることができると思います。


また、頭の中で文章を組み立てるスピードも、少しずつですが早くなっているように感じています。


今後は、まだまだ未熟な文章力を少しずつ磨けて行けたら・・と思っています。

そして、知識や引き出しを増やして、人の心に少しでも残るような文章を作成できたら、いいなと感じています。


Home執筆スタッフの言葉2>>


▲ページトップへ

 

記事作成コラム

記事作成コラム

外注SOHOの危険性!

記事作成の重要性

どんな記事作成が喜ばれるか?

WEBと出版の記事作成の違い

WEBの記事作成代行業

記事作成代行を手がけるメリット

記事作成代行業が社会に与えるメリット

WEBの記事作成と出版業界のライターの違い

WEB記事作成のコツ

記事作成代行の歴史

記事作成代行はなぜ必要なのか