記事作成代行の流れ

利益向上のためにも、記事作成は重要であることを把握した上で、実際に記事作成代行企業に仕事を依頼するとなったら、どのような流れで、依頼から納品までが進んでいくのでしょうか。


ほとんど全ての企業では、依頼はネットでおこうなう形態をとっています。

専用申込みフォームに必要事項を記入します。記事作成のために必要な条件も、ここに記入します。たとえば、記事数や一記事の文字数やキーワードなどです。

キーワードによっては、まれに作成を断られることもあるようです。


申込みが受理されると、入金が促され、それが確認されれば記事作成作業に入ります。

専従スタッフの人数は、それぞれの記事作成代行企業によって違いますから、記事納品日数にもばらつきがでるでしょう。


記事作成代行業者内において、独自にチェック体制を整えていますので、納品前に、コピー&ペーストを多用したような内容の記事がないかどうか、また、誤字脱字などの校正作業を、実際に人間の目でおこなったり、専用システムを用いてチェックします。


問題がないと判断したところで、納品されます。

納品は、添付ファイルでおこなわれることが、ほとんどです。


納品された記事の権利は、依頼主側に渡りますので納品後に、その記事をどのように利用しても構わないことになります。

記事作成コラム

記事作成コラム

外注SOHOの危険性!

記事作成の重要性

どんな記事作成が喜ばれるか?

WEBと出版の記事作成の違い

WEBの記事作成代行業

記事作成代行を手がけるメリット

記事作成代行業が社会に与えるメリット

WEBの記事作成と出版業界のライターの違い

WEB記事作成のコツ

記事作成代行の歴史

記事作成代行はなぜ必要なのか