記事作成代行はなぜ必要なのか

SEOや記事作成代行といったサービスについて

「少し胡散臭い」

というイメージを持たれる方は、少なからず存在するかと思います。

その気持ちは理解できますが、少し立ち止まって深く考えていただくと、決してそんなことはないことがわかっていただけるかと思います。


こうした方がよく言われるのは

「本当にいい商品は、そんなアクセス対策をしなくても売れる」

ということです。これは確かに一理あります。

しかし、レストランを想像してみてください。

幻の味と言えるくらい美味しいレストランがあったとして、それが山奥にあったら、誰が行くでしょうか。誰も行きませんよね。


WEBで商品やサービスを販売していながら、アクセス対策をしないということは、これと同じことなのです。

「美味しいレストラン」をまず作ることは大切です。

しかし、それを「街中に持っていく」ことも、とても大切なのです。

それは自分の利益のためだけではなく、街の人々のためでもあります。

街の人々だって、美味しい料理を食べたいのですから。


だからアクセス対策が必要ですし、そのカギとなる記事作成を代行するサービスも必要なのです。

こうして「必要とされる理由」を説明すれば、決して「胡散臭い」サービスでないことは理解していただけるかと思います。


もちろん、大前提が「いい商品をつくる」であることは変わりません。

それは消費者のためでもありますが、何より自分のためでもあります。

中身のない商品を生み出すより、いい商品を生み出す方が、クリエイティブで楽しいでしょう。

もちろん、記事作成代行やSEO代行などのサービスも、そうしたクリエイティブなものであるべきですね。


記事作成代行企業と、フリーライターの比較

記事作成代行は、そうしたライターを多数抱える企業に発注することも可能ですし、フリーのライターに直接発注することも可能です。

ここでは、それぞれのメリット、デメリットについて書きます。


1.企業に発注する場合

このメリットは「安心できる」ということです。

デメリットは「価格が高くなる」ということです。

フリーのライターに依頼した場合、確実に書いてもらえるとは限りません。

しかし、企業の場合は大丈夫です。

なぜなら、一人のスタッフが万が一(本当に万が一です)仕事を出来なくなったとしても、他のスタッフでカバー出来るからです。

フリーの場合はそれが出来ません。その人が倒れたら終わりですし、倒れなくても、ごくごく稀に仕事を投げ出してしまう方も見えます。


そうしたリスクがないのが記事作成を企業に発注するメリット。

逆にデメリットは、その分値段が高くなる、ということです。

中間マージンが発生しますからね。


2.フリーに発注する場合

このメリットは「安くつく」こと。

デメリットは「不安定である」ことです。

原理は上に書いたことの逆です。中間マージンがない分、安くつきます。

また、連絡を直接取れる分、納品も早くなる可能性も高いです

(ただし、ライターが優秀な場合です。納品速度はライターの能力で決まるので、優秀なライターを多く抱えている企業に発注した方が早いケースの方が多いです)。

デメリットは、とにかく不安定であることです。

確実性が問われるビジネスにおいては、これは大きなことかと思います。


いずれに記事作成を発注するにしても、それぞれの長所・短所をよく比較して決定しましょう。

記事作成コラム

記事作成コラム

外注SOHOの危険性!

記事作成の重要性

どんな記事作成が喜ばれるか?

WEBと出版の記事作成の違い

WEBの記事作成代行業

記事作成代行を手がけるメリット

記事作成代行業が社会に与えるメリット

WEBの記事作成と出版業界のライターの違い

WEB記事作成のコツ

記事作成代行の歴史

記事作成代行はなぜ必要なのか