記事作成代行の歴史

多くの方が「記事作成代行」というと、近年になって登場した新しい職業というイメージを持たれているかと思います。

しかし、それはWEBを舞台にした業務の場合であり、アナログの世界では50年や60年、もしかするともっと前から存在していました。


そうした企業が昔はどんな代行をしていたかというと、ダイレクトメールの文章の執筆などです。現代のWEBの記事作成代行は、クオリティももちろん問われますが、それよりもまず、ボリュームやスピードを問われます


それに対して、昔のダイレクトメールなどを書いていた「代行業者」の場合は、今のWEBの代行業者、ライターに比べると、クオリティを重視されていたのではないかと思われます。

そうして、ダイレクトメールを使った広告を展開しているうちに

どうもWEBの方が集客がしやすいらしい

と感じた業者が、顧客に対してよりよいサービスを提供するために、WEBでも記事作成代行をするようになった。というのが、この世界の歴史の本質的な部分ではないかと思います。


そうした歴史を考えて文章を書くようにすると、こうした業務を手がける業者さんやライターさんは、自分の仕事が何のためにあるのかわかると思います。そして、それがわかると、より読者の心に訴える文章を書けるようになるのではないかと思います。


もちろん、出版などに比べてはるかに短い時間で書くことを要求されますから、コラムニストの文章のような感動的なものを書くことは難しいです。

それでも、短いながらも言うべきことを言う、そんな文章が書けるようになるのではないでしょうか。

記事作成コラム

記事作成コラム

外注SOHOの危険性!

記事作成の重要性

どんな記事作成が喜ばれるか?

WEBと出版の記事作成の違い

WEBの記事作成代行業

記事作成代行を手がけるメリット

記事作成代行業が社会に与えるメリット

WEBの記事作成と出版業界のライターの違い

WEB記事作成のコツ

記事作成代行の歴史

記事作成代行はなぜ必要なのか