WEB記事作成のコツ

ネット上には、WEB記事作成のコツを書いた文章が沢山あります。

それらはわかりやすいものが多く、どれも有益なコンテンツです。


よく言われるのは

キーワードの使用回数を適度にする

タイトルにキーワードを1回だけ使う

などのノウハウで、これらはとても重要なことです。

そして、今回解説したいのは、それらのコツの中ではまだマイナーですが、重要な内容です。

それは「ポジティブな言い回しをする」ということです。


WEB記事作成に限らず、私達は日頃から、なぜかネガティブな言葉遣いをします。

例えば誰かが褒めてくれた時、「ありがとう」と言うより、まず謙遜します。

「いや〜、自分なんて全然ダメですよ〜」と言います。


もちろん、これは謙遜の美徳という、一つの日本人の美意識であり、悪いものではありません。

しかし、向こうもせっかく褒めてくれたのだから、どこかで「ありがとう」という感謝の言葉を一つ付け加えてもいいのではないでしょうか。また、道を譲ってもらった時も「すみません」ではなく「ありがとう」でも良いのではないでしょうか。


このように、私達は無意識にネガティブな言い回しをしているのですが、それは文章にもよく現れます。同じ内容を伝えようとしても、なぜかネガティブな表現に偏っていくのです。

もちろん、読者に警告を発することで、より正しい方向に導きたい、と思っている場合はそれも必要でしょう。


しかし、「よりよい姿」をイメージしてもらうことで、それを達成してもいいはずです。

つまり、

「こうしたら禿げます」ではなく

「こうしたら毛髪が増えます」

という風に、出来るだけポジティブな言葉遣いをする、ということです。


WEB記事作成代行の本質は、

クライアントさんの喜びと同時に、読者の喜びを追求することでもあります。

読者の喜びを求めないクライアントさんなど、存在しないでしょう。

そうした本質を考えたら、この「ポジティブな言葉遣い」は、あまり主張されないものの、実は一番重要なコツの一つではないかと思うのです。


自動記事作成ソフトと、その危険性

ここでは、自動記事作成ソフトについて書きます。

これは文字通り、文章を自動で書いてくれるソフトです。


文中に登場させたいキーワードや、そのキーワードに貼りたいリンクのURLなどを入れると、ロボットが自動で文を生成してくれます。

こうしたソフトのレベルは、ピンからキリまでであり、無料のものでは、RPGゲームの主人公の名前を置き換える機能に毛が生えた程度のものもありますし、もしくは、遊び用として公開されている、奇妙奇天烈な、笑って楽しむための文章が出来上がるものもあります。


有料のものの場合は、これらに比べると、一見まともな文章が出来上がります。

しかし、所詮はロボットであるため、極めて単純な文章しか書けません。

例えばアフィリエイトに利用する場合、その文章を読んで商品を買いたいと思う人など、まずいないでしょう。


それはソフトを利用する人も自覚しているため、こうしたソフトは、バックリンクを大量に生成するためなどに使われるのですが、これも止めておいた方がいいでしょう。スパムメールと何ら変わりのない文章がネット上に溢れることは、誰にとっても利益のないことです。

自動記事作成ソフトで書いた文をアップするということは、そういう行為であるということを自覚しておくべきです。


それでもやはり、文章が大量に必要で、しかし自分、あるいは自社で書く時間がない、ということはあるでしょう。そうした方々のために、記事作成代行業というサービスが存在します。


こうしたサービスによって書かれた文は自然であり、ネットユーザーにとっても利益のあるものであるため、こうした方法でアクセス対策を行うことをオススメします。


自動記事作成の原理

自動記事作成の原理は、エクセルを使って自分でやってみると、理解しやすくなります。

ここでは、エクセルを使うやり方について書きます。


まず、文章のひな形を用意します。

「(一郎)は、(日曜)の昼、(学校)で、(バスケ)をした」

というような形です。あとは、この(  )内を変えていくだけです。

この時のポイントは、それぞれの(  )の「ローテーション数」を全部変えることです。


どういうことかと言うと、例えば(太郎)の部分は、「一郎、二郎、三郎、一郎、二郎…」と「3回」でループするようにします。

次に(日曜)の部分は、「日曜、月曜、火曜…日曜」と「7回」でループするようにします。

こうして、それぞれの(  )をエクセルの縦方向に延々と伸ばしていきます。

そして、それを今度は横につなぎます。そうすると「二郎は月曜…」とか「三郎は火曜…」とうい文章がワンタッチで生成されます。


そして、先程このループ回数をずらしておいたので、次に二郎が登場する時は、「二郎は木曜…」と、別の文章になります。


もちろん、これだけでは別の文章とは言いがたいですが、こうした(  )がその後にどんどん続いていくことで、どの文章も重なる部分がほとんどない物になります。

これが自動記事作成の簡単な原理です。

文を量産したい方にとっては、これはとても面白い作業になると思います。

また、それが仕事上必要な方にとっては、有益なものでもあるでしょう。


逆に、「人の心に届くような文章を書きたい」という方には、当然ながらおすすめ出来ません。

そうした文が必要で、でも自分で書く時間がないという場合は、記事作成代行を依頼するなどするのがいいでしょう。

記事作成コラム

記事作成コラム

外注SOHOの危険性!

記事作成の重要性

どんな記事作成が喜ばれるか?

WEBと出版の記事作成の違い

WEBの記事作成代行業

記事作成代行を手がけるメリット

記事作成代行業が社会に与えるメリット

WEBの記事作成と出版業界のライターの違い

WEB記事作成のコツ

記事作成代行の歴史

記事作成代行はなぜ必要なのか