WEBの記事作成と出版業界のライターの違い

WEBの記事作成代行を行うライターと、出版業界のフリーライターの違いについて書きます。


両者の違いの一つは、作業スピードです。

出版業界のライターさんでも高い作業スピードを求められますが、WEBの場合はさらに上のスピードを求められます。


理由は、この世界では他の書き手が書いた文章がものすごい勢いでどんどんアップされていくからです。万が一その内容がかぶっていた場合、後から投稿した方が「コピー」と、検索エンジンから判断されてしまうことがあります。


こうなると、そのサイトは検索エンジンから「ペナルティ」を受けることになってしまいます。

つまり、一定期間上位表示されないなどの事態に陥ってしまいます。

自分のサイトならまだしも、記事作成代行業としてクライアントさんに納品した文章がそんな事態を招いてしまったら、大変ですよね。


もちろん、投稿前に似たような文がWEB上にアップされていないか、専用のツールでチェックは行うのですが、それにしても、せっかく書いた文章がその時点で「使えない」となったらとても残念ですよね。

そうしたケースは必ずしも多いものではないですが、万が一にもそうしたロスが起きないようにと考えると、WEBで使う文を書く場合には、スピードがとても重要になるのです。


また、言うまでもなく、ある程度のボリュームの文を書いていれば、そう簡単に内容が重なることはありません。しかし、その「ボリューム」を実現するのも、結局はスピードですよね。


スピードが非常に重要になるが出版業界との違いです。


WEB記事作成代行業の将来性

WEB記事作成の将来性については、

「ある会社(人)はある」

「ない会社(人)はない」

というのが正解でしょう。


まず、今後インターネットがなくなるということは、もうないでしょう。

それは、電話機が発明されてから、電話が「携帯」「インターネット回線」などと形を変えて存在し続けているのと同じです。インターネットも何らかの形の変化はあるでしょうが、基本これからも、ずっと続いていくでしょう。


そうなると、その「中身」も当然続くことになります。

そうなれば、その中身を作るための労力や時間も、当然必要になります。

そして、それが自社ではまかなえない会社、あるいは個人事業主などが存在し続けることも、予測されます。


そのため、WEBの記事作成代行業は、今後もずっと続いていくでしょう。

しかし、それは業界にいる人全員が安泰、という意味ではありません。

それはどの業界でも同じことです。


一つの業界が健全であり続けるためには、淘汰や世代交代が必要です。

そのため、顧客を喜ばせる気持ちのない会社、ライターは淘汰されていきますが、その気持ちがしっかりとある会社、ライターは繁栄していくでしょう。

また、新しいアイディアを出せる若者や、そうした若者と共存することが出来るベテラン、あるいは自ら新しいアイディアを出せるベテランは、生き残っていくでしょう。


私達はひとつの業界の将来性を測る時、しばしばその業界の全員を一括りにして考えてしまいますが、いつの時代のどの業界でも、そこで真に生き残る力のあった人は、時代が変わっても必ず時代に適応し、生き残っていったことを忘れてはいけません。

それはWEBの記事作成代行業でも同じです。


つまり、「この業界に将来性はあるか?」ではなく

「自分に将来性はあるか?」という問題なのです。

自分の道は、自分で切り開く時代なのです。

記事作成コラム

記事作成コラム

外注SOHOの危険性!

記事作成の重要性

どんな記事作成が喜ばれるか?

WEBと出版の記事作成の違い

WEBの記事作成代行業

記事作成代行を手がけるメリット

記事作成代行業が社会に与えるメリット

WEBの記事作成と出版業界のライターの違い

WEB記事作成のコツ

記事作成代行の歴史

記事作成代行はなぜ必要なのか