WEBと出版の記事作成の違い

WEBの記事作成と、出版などでのそれを比較して、相違点を書きます。

 

ものすごく具体的な部分を挙げると「改行」です。

出版の場合、文章は基本的にほとんど改行されず、段落が変わる時だけ改行されるというのが主流です。

それに対してWEBの場合、見やすさを重視するため、かなり頻繁に行が変えられます


とりわけブログがそうですが、例えば一例を、実際に下に書いてみましょう。


『ブログではこのように、一文が終わる度に行が変えられます。


こうすると、視点をほとんど移動せずに、そのページを読めるからです。


場合によっては、このように、空白の行を毎回挟むこともあります。


こうした書き方は、特に個人的な日記で多いのですが、

ビジネス的な説明文でも、文章にリズムを持たせる目的などで、

使われることもあります。

商品の宣伝に多いですね。』


…という風に実例を示してみましたが、これは双方の記事作成の相違点のほんの一部であり、違った点は他にもまだまだあります。

この相違点から見える本質的な違いは「WEBではスピードが重視される」ということです。


この理由は色々あるのですが、WEBの以前にそもそもパソコンが、「効率」を売りにして、私達の生活の中に溶け込んできたことが挙げられるでしょう。

パソコンで情報を収集したら、何もかもアナログより早くなるということはないのですが、ユーザーはそれを期待します。

そのため、WEBで文章を読む時も、アナログより早く読めないと気が済まない、という部分がどこかにあるようです。そのため、上に挙げたような行の変え方の違いなどが生まれるのです。


こうした違いも押さえておくと、よりよいWEBの記事作成が出来るでしょう。


WEBの記事作成の書き方

文章の書き方というのは、それを掲載する媒体によってそれぞれ異なってくるのですが、WEBの記事作成の場合、どんな書き方がいいのか考えたいと思います。


これはやはり「とにかく読みやすく書く」ことになるでしょう。

具体的に言うと、


1.結論が最初と最後に明示されている

2.リズムがいい


などです。

それぞれ説明していきます。


 

1.結論を最初と最後で明示

結論を最初に書いておくと、読者がまず「この文章を読むかどうか」を決めることができます。

結論さえ読めば、その文章が自分に必要なものかどうかわかるからです。

この時点で読者の時間を奪わないような配慮をする、ということがまず大切です。

次に、最後にもう一度結論を書くことです。

これは、読み終わった後、「で、何が書いてあったんだっけ?」と読者が内容を整理するときに、とても役に立ちます。これは出版などでも王道のまとめ方ですね。


2.リズムがいい

WEBの記事作成は、リズムがとても重要です。

WEBの文章は、基本的に情報収集のために読まれるからです。掲示板の書き込みからヒット作が生まれることもありますが、これらも極めて短い書き込みの連続から成り立っているため、ハイテンポなリズムで進行しています。また、ケータイ小説がベストセラーになることもありますが、これらもやはりリズムを徹底して重視しています。


もちろん、読みやすく書くために必要な工夫はまだ色々あります。ここではその一部を書かせていただきました。これらのことも押さえておくと、WEBの記事作成で、よりよい文章を生み出せるようになるでしょう。

記事作成コラム

記事作成コラム

外注SOHOの危険性!

記事作成の重要性

どんな記事作成が喜ばれるか?

WEBと出版の記事作成の違い

WEBの記事作成代行業

記事作成代行を手がけるメリット

記事作成代行業が社会に与えるメリット

WEBの記事作成と出版業界のライターの違い

WEB記事作成のコツ

記事作成代行の歴史

記事作成代行はなぜ必要なのか