どんな記事作成が喜ばれるか?

ここでは、WEBの記事作成でどんなものが喜ばれるか、考えていきます。

これは、大別して2つになります。


1.役に立つ情報を発信している

2.その人にしか書けないことを書いている


です。それぞれ見ていきましょう。


1.役に立つ情報を発信

情報化社会と言われるようになって、もう何十年も経っています。もはや「情報化」の「化」を取ってもいいくらい、私達の社会は情報にあふれ、情報がなければよりよい生活はできないと言ってもいいでしょう。

そうした中で、とりわけ大衆が求める要素は「スピード」と「質」です。

WEBはその性質上、スピードに関しては、他のどのメディアにも劣ることはありません。

問題は「質」です。

新聞などと違って、誤った情報やスパム的内容も多い分、質に関しては、他のメディアに一歩劣る、と思われているのが現状です。

しかし、そんな中でも「このサイトは信用出来る」と多くの人に思われているサイトは、その欠点を見事に克服し、メディアとしての理想に近づいていると言えます。そして、その「質」というのは「正確で役に立つ」ということが主な条件であり、それを満たしている記事作成は、とても価値のある仕事です。


2.その人にしか書けないことを書いている

これは上に書いたことの延長です。


上のように「正確で役に立つ」というのはとても重要ですが、それだけなら、やろうと思えば誰にでも出来ることになります。そのため、

その人にしか書けないことを書いている

というサイトなどは、とても人気が出ます。


他にも色々なポイントがありますが、主に上の2つのいずれか、あるいは両方を満たせている記事作成は、WEBでとても歓迎されます。これらはぜひ意識しておきたいですね。


WEBの記事作成は今後どうなるか


WEBの記事作成は、今後どうなるかについて考えていきます。


この予想は、専門家でも難しいかと思います。

大体の予想は出来ても、細部まで「こうなる」と断言することは難しいでしょう。

それはWEB以外の世界でも同じです。

いつも予想を上回る発見や発明がされるから、人類はいろいろな業界において進歩してきたと言っていいでしょう。


だから細部まで何かを断言することは出来ないのですが、現在起きている傾向として言えることは、年々「中身のある」記事作成にシフトしてきている、ということです。


これは本来当然のことです。

WEBというのはそもそも、「発信したい情報がある」という送り手の思いと、「ほしい情報がある」とうい受けての思いが合致して成り立つものであるからです。


WEBからお金を生み出すことだけを考えて、送り手がスパム的な行為を繰り返すのは、一時期は成功していたこともあったでしょうし、今も一部の手法は成功しているようですが、長くは続かないでしょう。


例えばグーグルが検索エンジンの改良に取り組み、グーグル検索での「中身のない文章の排除」がますます進んでいます。他の検索エンジンも、同様の取り組みを多く行なっているようです。

これはもちろん、ユーザーのためでもありますし、発信者のためでもあります。スパム的な文章を量産しても、その発信者の本当の幸福には、おそらくつながらないからです。


以上に述べたようなことから「中身のある記事作成」が今後ますます求められると思われます。

記事作成コラム

記事作成コラム

外注SOHOの危険性!

記事作成の重要性

どんな記事作成が喜ばれるか?

WEBと出版の記事作成の違い

WEBの記事作成代行業

記事作成代行を手がけるメリット

記事作成代行業が社会に与えるメリット

WEBの記事作成と出版業界のライターの違い

WEB記事作成のコツ

記事作成代行の歴史

記事作成代行はなぜ必要なのか