記事作成の重要性

記事作成が重要な理由は、

「WEBの世界は、基本的にテキスト(文章)中心に動く」

ということにあります。


ホームページやブログの目的は、基本的に「情報を発信すること」です。この情報は、わかりやすければわかりやすい程いいでしょう。

そうすると、初心者にとって難しい内容の場合、書店でよくある「漫画でわかる○○」のように、すべて漫画で説明した方が、わかりやすいかもしれません。

実際に、そうしたホームページやブログも存在しています。

ただ、こうしたスタイルにはデメリットがあります。


それは、


1.制作に時間がかかる

2.サイトの表示が遅くなる


ということです。


情報は「わかりやすさ」も大事ですが、同時に「スピード」も大事です。全てを漫画や動画などのビジュアルで説明しようと思うと、どうしても制作時間が長くなるため、閲覧者に情報を届けるスピードは遅くなってしまいます。

こうした点では、テキスト中心で記事作成をしているページの方が、有利になるのです。


次に「サイトの表示が遅くなる」ですが、高画質の写真が大量にあるページで、時間が経ってもなかなかページ全体が表示されなかった経験は、多くの方にあるかと思います。

また、動画でも、Youtubeの動画が再生中に止まるなどのことは、よくあると思います。


このように、ビジュアル系コンテンツはどうしても表示が遅くなります。とりわけ一分一秒を争って仕事をしているビジネスマンにとっては、こうした表示の遅さというのはストレスの原因になるので、サイト閲覧者のために、表示は極力スピーディにした方がいいのです。

こうした理由から、WEBではテキスト中心のページが主流になっています。

そして、そうしたコンテンツを作るために、よい記事作成が重要になるのです。


WEBの記事作成はどうあるべきか


ここでは、WEBの記事作成はどうあるべきか考えていきます。


基本的には、出版などのアナログの世界でのそれと何も代わりはありません。もっと言うなら、会社内で交わす様々な書類で必要なあり方と、何も代わりはありません。

つまり「相手の立場に立って書く」ということです。


WEBの記事作成の場合、この「相手」は閲覧者になります。また、その閲覧者も、さらに像を具体的にする必要があります。

ドラッカーの残した教訓の一つに「自社の顧客が誰かを考える」というものがありますが、それはこの場合も同じなのです。

つまり、ただ「男性」とか「サラリーマン」とか大まかにくくるのではなく、「収入は多いが、時間に余裕がなく、少しでも時間をお金で買いたいと思っている30代の男性サラリーマン」などというように、自分が情報を届けたい閲覧者の像を、出来るところまで具体的にするのです。

これによって、そうした対象読者にとって、より有益な情報を提供できるようになります。


もちろん、他にも記事作成のあるべき姿は沢山あります。

ですが、上に書いたことはその代表の一つと言っていいでしょう。


もちろん、こうした「像を絞る」作業は、いきなり出来ていなくてもかまいません。サイトの更新を進めていくうちに、自分のやりたいことが見えてきたり、あるいは閲覧者が期待してくれていることが、コメントやトラックバック、検索キーワードなどからわかったりして、より具体的になっていく、ということはよくあります。

要はまず、書き始めてみることですね。

記事作成コラム

記事作成コラム

外注SOHOの危険性!

記事作成の重要性

どんな記事作成が喜ばれるか?

WEBと出版の記事作成の違い

WEBの記事作成代行業

記事作成代行を手がけるメリット

記事作成代行業が社会に与えるメリット

WEBの記事作成と出版業界のライターの違い

WEB記事作成のコツ

記事作成代行の歴史

記事作成代行はなぜ必要なのか