外注SOHOの危険性!

外注SOHOを利用すれば、格安で記事作成をしてもらえるサービスは少なくありません。

しかし、それは格安であるがゆえに、多くの危険性をはらんでいるのです!


危険性1:他のネット上の文章をコピー&ペーストしてしまう


特にスポット的に仕事をするSOHOが、労働量に比べて収入が少ない場合に多く起こりえることです。

もし担当者がコピペした文章を送ってきても、受注者並びに仲介者が、それを見破れることはめったにありません。

その後、その文章がネット上に掲載された後になって初めて発覚します。最悪なのは著作権侵害で訴えられること。近年そういった非常にケースが増えています。

 

その次に問題なのが、警告を受けて、記事の削除を求められること。そうなると、作成費用が無駄になるばかりではなく、著作権を侵害した会社として悪い評判を立てられる可能性があります。

また、コピペが発覚しなくても、検索エンジンは同じような文章を抽出して、それをスパム判定するようにしています。ですので、サイトへの評価や上位表示に悪影響を及ぼすことでしょう。


危険性2:質の低い文章になる


近年、活字離れが進んでいる影響で、文章作成を得意とする人が著しく減っています。

その中で文章作成が得意な人が、労働に見合わないことをするはずがありません。

つまり文章を安く作れるのは、能力の高くない人が行っている可能性が高いわけです。

多く作られるのが、下記のような文章です。


・同じ内容の繰り返し

・事実と違う内容

・意味が通じない又はわかりにくい

・個人的な意見や感想ばかり

・表現や内容が幼稚

・誤字脱字が多い


このような文章の場合、サイトの信用性は一気に失墜し、ユーザーは2度と来なくなるでしょう。

実は質の高い文章を作成するには高度な戦略性が必要です。

だから、実際に書いている時間より、どういう内容をどういう構成で書くかを考えるほうに時間がかかります。逆に言うと、それを十分に練らないで書いた文章は行き当たりばったりの低劣なものになります。


危険性3:自社サイトも価格競争に巻き込まれる



文章はサイトの根幹であり資産です。

その文章作成費用を必要以上に切り詰めることは、自社にとっても社会にとっても良いことではありません。

作成者への切り詰めは、いずれ巡り巡って自社サイトの利用者から同様の切り詰めを要求されることでしょう。

 

日本のようなデフレの成熟社会で、価格競争に踏み込んだら最後、体力のない者から退場を余儀なくされます。一定の付加価値を付けたサービスを提供して、価格競争とは違うフィールドで戦わなくては、企業の未来はありません。

記事作成コラム

記事作成コラム

外注SOHOの危険性!

記事作成の重要性

どんな記事作成が喜ばれるか?

WEBと出版の記事作成の違い

WEBの記事作成代行業

記事作成代行を手がけるメリット

記事作成代行業が社会に与えるメリット

WEBの記事作成と出版業界のライターの違い

WEB記事作成のコツ

記事作成代行の歴史

記事作成代行はなぜ必要なのか