1:専門の熟練スタッフが執筆いたします

片手間の在宅スタッフではなく、弊社に通って会社内で記事作成を行う熟練スタッフが担当いたします。

現在12名のスタッフがおりますが、厳選した採用を行ったうえ(倍率10〜20倍)適正を見極め、訓練の末、執筆要員を増強しております。

幼稚な文章や意味不明な文章になる心配がありません。

しかも、多くの大学でも使用されているコピペ判定ソフトを導入

全ての記事をチェックし、オリジナルの文章だけを納品いたします。

2:SEOに最適な文章もお手の物

弊社はSEO業務を中心に行なっており、元々SEOに特化した記事を作成してまいりました。

SEO実績は7年間あり、上位表示実績は多量にあります。

特に2012年に入ってからは検索エンジンの評価仕様がサイト内文章の質や量を重視するようになりました。

3:発リンクや内容に関するご要望ににも柔軟に対応

ご要望のテキスト(キーワード)で記事中(下も含む)からhtmlによるリンクをいたします。

内容に関しても柔軟に対応いたします。

 

注1)アダルトなどの一部のジャンルには対応できませんのでご了承ください。

   また、高い専門性を必要とするものや、いわゆる「やらせ」の推薦文になるものには対応しておりません。

注2)挨拶文やお手紙文章の代行などは行っておりません。

注3)1記事単位のオーダーはお受けしておりません。

記事作成代行サービスの料金

価格

■400〜450文字

1記事 あたり単価  900円
(50記事以上一括申し込みの場合900円 →800円)
(100記事以上一括申し込みの場合900円 →700円)


■600〜650文字 オススメ!

1記事 あたり単価  1300円
(50記事以上一括申し込みの場合1300円 →1200円)
(100記事以上一括申し込みの場合1300円 →1100円)


■1000〜1100文字

1記事 あたり単価  2000円
(50記事以上一括申し込みの場合2000円 →1850円)

(100記事以上一括申し込みの場合2000円 →1700円)


※注文単位は最低10記事からとなります。

 1記事単位のオーダーは受け付けておりませんので予めご了承ください。

※挨拶文やお手紙文章の代行などは行っておりません。


結局、専門会社に任せるのが有利!

基本的に記事作成は自社でもできます。

しかし、スタッフになかなかそのような時間はとれないものです。

とれたとしても、当然その分の労働費用を払わなくてはなりません。

慣れていない作業だと余計コストがかかることになります。


経営者自ら行うのは、さらにもったいないことになります。

なぜなら経営者はできるだけ集客や営業、サービスの充実など経営の根幹に関わることに努めなくてはならないからです。


会社の永続的資産にもなる「関連記事」は結局弊社のような専門の会社に任せたほうがオトクなのです!!

社長の芳川が記事作成代行サービスを1分47秒で解説します

▲ページトップへ


記事作成代行関連サービス

トータルプロジェクトパック

SEOに強い記事+HP制作トータルプロジェクトパック
こんなサービスがほしかった!経営者は本業に集中してください

御社は最初にインタビューを受けるだけ!

 

記事作成とホームページ制作のすべてを行います。もちろん、しっかりとヒアリングをした上で、御社のご希望に見合った記事でSEOに強いホームページを作成いたします。

 

納品する記事の1記事あたりの文字数は、SEO上有利とされる500〜1000文字で作成。

またコマーシャル動画制作のご希望にもお答えします。

※このサービスは関東限定となります

 

記事作成+ホームページ制作の全てを任せたい方はこちら ⇒トータルプロジェクトパック


▲ページトップへ

 

記事作成コラム

●求められる記事作成サービス

 

現在の記事作成サービスで求められるのは 量より質です。

 

現代の情報過多の時代には質の良い情報と悪い情報が無秩序に混在しているため、誰もが質の良い情報を求める反面、悪い情報は即座に捨てられてしまいます 。

 

とりわけ検索エンジン上では、どこかから持ってきた情報がそのまま掲載されていることが多く、同じ記事を何度も見させられるとユーザーには迷惑になります。

 

検索エンジンでは同じ内容の文章を感知して、排除するシステムが出来ています。

また 質の良い情報を評価して順位を上げるシステムも導入されています。

 

ですから記事作成サービスは、「関連している文章さえあればいい」というものではありません。

オリジナリティが高く、内容に対して共感を生むもの、考えさせられるもの、役立つ情報が入っているもの、などが求められます。

 

記事作成サービスの中には安い価格を売り物にして、ツールで文章をパズルのように組み合わせたもの(ワードサラダ)、日本語になってさえいればいいという程度のもの、意味不明なものなどを作成するサービスも少なくありません。

 

最悪なのは在宅スタッフが自分で記事を作成しないで、どこかの文章をコピペしてしまうケースです。これが起こると後々に著作権法違反など大きな問題になりかねません。

 

弊社では緊張感を持って互いに良い刺激を受けながら仕事をしてもらうために全員会社に来て記事作成を行っています。

 

スタッフは意味のよくわからないテーマの場合は知識の吸収のために勉強してから記事作成に臨みますし、お客様のサイトを見て、そのサービスに見合った文章を執筆することまで行なっております。


●ウェブサイト上の文章

 

上記のようにウェブサイト上の文章は量より質が重要です。

弊社の記事作成もそのことを常に念頭に置いています。

 

ただ一方で、いくら質が高いとはいえ、 あまりに文章量が少ないサイトは高く評価されることはありません。

これはすなわち情報量が少ないということで人からはもちろん、検索エンジンからも注目されるようなサイトにはなりません。

 

やはり一定の文章量がウェブサイト全体にも、1ページ1ページにも必要になります。現在の検索エンジンの評価では、量だけでいうと、 サイトの文章量が多ければ多いほど評価します 。

 

ですので、文章量(情報量)を出し惜しみすることなく掲載することが上位表示につながります。

どのライバルにも負けないほどの文章量を持つサイトができれば、間違いなく1位表示に近づいていくことでしょう。

 

その実現に記事作成サービスを有効利用していただけると幸いです。

▲ページトップへ

記事作成コラム

記事作成コラム

外注SOHOの危険性!

記事作成の重要性

どんな記事作成が喜ばれるか?

WEBと出版の記事作成の違い

WEBの記事作成代行業

記事作成代行を手がけるメリット

記事作成代行業が社会に与えるメリット

WEBの記事作成と出版業界のライターの違い

WEB記事作成のコツ

記事作成代行の歴史

記事作成代行はなぜ必要なのか